★YAMAHA DRAGSTAR400★ダンロップ『KABUKI D404』タイヤ交換 

ナップス練馬店のヤマGUCCIです。

ヤマハ ドラッグスター(DS400)前後タイヤ交換をご依頼いただきました。
IMG_3928.JPG
※作業途中の画像です。


《交換するタイヤは》
ダンロップ『KABUKI D404』
IMG_3929.JPG
『歌舞伎イメージ』の模様で、ハーレーに採用されているモデルをベースにデザインされてます。
アメリカンクルーザー専用のタイヤで、安定感のある走りを得意とします。

Front: 100/90-19 57S WT 
  7,761円(税抜) 

Rear  : 170/80-15 77S WT 
 15,901円 (税抜)


【今回の交換の概算金額は】
タイヤ代前後で   23,662円(税抜)
チューブ代前後で  5,642円(税抜)
リムバンド前後で    580円(税抜)
前後交換工賃      6,000円(税抜)
タイヤ処分料金2本   500円(税抜)
━━━━━━━━━━━━
総額で、        36,384円(税抜)でした。





ドラッグスターの駆動方式は少し特殊なドライブシャフト駆動です。
通常のチェーン駆動に比べると作業の手間が違います。
IMG_3926.JPG
作業での大きなポイントは、リアタイヤのドライブシャフトユニットの取り外しによる作業。
見た目の通り大きくて重たいんです。
IMG_3920.JPG
取り外しよりも、装着する時がコツ必要
シャフトのスプライン(ギザギザ)がエンジン側と上手く合わないとシャフトが刺さりません。
(写真は組み付けの段階です。)


IMG_3922.JPG
スイングアームの先端にある『くぼみ部』にドライブシャフトユニットを載せている状態です。
スプライン(ギザギザ)をエンジン側と合わせ調整を行いながら、ここから組み付けて行きます。


IMG_3924.JPG
無事にはいりました!!
エンジン側のスプラインがずれていると、時間がかかる事があります。
ドライブシャフトはメンテナンスサイクルに優れた構造ですが、タイヤ交換作業の都合面では時間がかかります。
さらに・・・
アメリカンタイプの車両に特に多いのですが、バイク用のレーシングスタンドが使えません。
今回は前側をクレーンでつり上げて、後方をリフトで上げました。
色々なところで手順が多いので時間がかかってしまいますので、ご依頼いただく場合はお時間に余裕を見てご来店お願いします。



※ナップス タイヤ交換おすすめ情報※
車両からホイールを着脱してお持ち込みいくと、タイヤ交換工賃が一本1,200円(バランス込税別)と非常にお得!
ご自身で作業が可能な方は、ぜひともご利用ください!

練馬区/和光市/西東京市/新座市にお住まいのお客さま、
タイヤ交換のご依頼は、ぜひナップス練馬店へ!

店舗詳細へのリンク


交換工賃へのリンク

電話番号・お問合せフォーム



※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

ナップス練馬店 お店へのアクセス お問い合わせフォーム TEL:03-5905-1171