スパークプラグ交換してますか?

ナップス練馬店のヤマGUCCIです。

意外と定期交換を忘れがちな部品!
『スパークプラグ』
車検のあるオートバイであれば「定期的に点検をするチャンス」があります。

PA192762.JPG
しかし、「車検の無いオートバイの場合」何万キロも交換されてないという事もありますよね~。

スタンダードプラグならば一本当たりの価格も数百円とリーズナブルなんです。
(※車両によって使っているスパークプラグは種類が違います。)

PA192767.JPG
4,000~5,000km毎の交換がプラグの基本交換サイクルと言われてます。
スパークプラグは使うと電極が減っていくんです。
くすぶり過ぎると「汚れが蓄積する事もあります」のでやはり定期的に交換する必要があります。


【重要】
そんなスパークプラグですが、エンジンが仕事をするうえで重要な3つの要素のうちの一つを担っている部品です。

【3つの要素】
1.良い混合気
2.良い圧縮
3.良い点火

スパークプラグは、火花を飛ばしてます。
「良い点火」を担う部品です。


PA192763.JPG
せっかく交換するならばグレードアップしたい! そんな方にオススメです。
ちょっと良いプラグと言えば『イリジウムプラグ』
私もNGKイリジウムプラグ使ってますよ。

PA192764.JPG
少し前に登場した新しい『MOTO DX』これが、噂のプラグです。

2輪車専用のプラグで、加速性能の違いを体感できるそうです。
さらに、交換サイクルも伸びるという優れモノ!
PA192765.JPG
MOTO DXのラインナップ及び、プラグの互換表です。
在庫しているプラグの最高峰「お試しアレ~」


冬は寒さでバッテリーが弱くなります。
始動性が悪い状態でセルモーターを沢山回すとバッテリーの負担も大きいです。

エンジンの始動を正常に保つ事もバッテリーに負担をかけない一つ!
冬を前に交換をご検討ください。


GPZ900R『マフラー外しのオイル&フィルター交換作業!』

ナップス練馬店のヤマGUCCIです。

KAWASAKI GPZ900R NINJA
オイル、オイルフィルター交換作業の様子

PA192783.JPG
なんと~マフラーを外す必要がある作業なんです。

PA192784.JPG
ご覧の様に、マフラーの上にオイルフィルターがあります。
マフラーの集合部分の、4in 2in 1の2inの集合を外しEXパイプだけ残ります。

PA192791.JPG
それと、隠れて写真には写ってたのですが・・・オイルを抜くドレンボルトがEXパイプの上にもあるんです。

マフラースプリングフックですが、先を細く削ったカスタム工具です。
もし、スプリングフックを持ってなくても針金とドライバーなどで代用可能です。


PA192792.JPG
オイルフィルター部分と、もう一つ後側ドレンボルトです。

PA192803.JPG
内部はこんな感じです。
出来るところまでキレイに洗浄させていただきました~。

PA192802.JPG
新しいフィルターをこんな感じで組み込みます。
ドレンボルト、フィルターをトルク管理しております。

PA192808.JPG
古いエンジンオイルです。
お疲れ様でした~内部の保護やカーボンを吸着して真っ黒になるまでがんばってくれました。

PA192822.JPG
外したマフラーを戻します。


なんと~GPZ900Rはエンジンオイルの点検窓がなんとまたがって左側なんです。
それが何?! とお思いかもしれませんが、点検窓を確認する時バイクを直立にする必要があります。

PA192809.JPG
センタースタンドなら問題ありませんが、サイドスタンドのみですとバイクを起こして点検しますので『なかなか作業しにくい』です。

・・・という事で、『メンテナンススタンドで直立させて作業』しております。
DIYされる方、メンテナンススタンドあると便利ですよ~。
出来る作業の幅が広がります。


さて、新しいエンジンオイルを入れましょう。
今回入れるオイルは、
ワコーズ タフツーリング 20W40です。
PA192824.JPG
エンジンをかけてオイルが循環したらオイルレベルを調整して完了です。


オイルを注ぐのもメンテナンススタンドがあった方が便利です。

バイクによって同じ内容の作業でも、手順や方法が違う事があります。

Z900RS用のバックステップを2モデル紹介!

ナップス練馬店のヤマGUCCIです。

カワサキ Z900RS用のバックステップを2モデル紹介します。

STRIKER スポーツツーリング ステップKIT
SS-ST2141B

PA132748.JPG
名前からするとレース目的ではなくストリート向け!
落ち着いた黒で車体の持っているバランスを崩さない渋めのチョイスです。
ヒールプレートも落ち着いたデザインなのもポイント。

PA132749.JPG
純正が悪い訳では無く、シフトフィーリングを変えたり・・・
見た目を変えたり・・・
ペダルワークをやり易くしたり・・・

PA132750.JPG
少しスポーティーなライディングポジションに変えられます。
お好みで4ポジションから選べます。


Baby Face バックステップキット
002-K033-GD

PA132746.JPG

最近、Baby Faceのバックステップをお求めの方にはGOLDが人気です。
当店のCBR250RR乗りの『スタッフMIYA』もGOLDを買いました。
(まだ取付してませんが・・・)

PA132747.JPG

4つのステップポジションを選択できます。
シフトフィーリングも調整可能
リアブレーキペダルの位置調整も可能


ステップポジションを変えて、滑らないステップになると運転のしやすさも変わります。
ご検討くださ~い!!

【ホンダ NR】RACERS Vol.54

ナップス練馬店のヤマGUCCIです。

今回のRACERS読みましたか?
P9282712.JPG
エビ殻モノコックのNRですよ~!


ホンダコレクションホールにあるアレですね。
ツインリンクもてぎ/Honda Cllection Hall

実車を見ると意外と小ぶりなのに気が付きます。
CC7918BB-B844-4B5A-AE11-D2A40B99EE22.jpeg
なんだか一回り小さく見えて?
いや本当に小さいんです。
じっくりと見ていたらホイールのサイズが前後とも16インチでした。(たしか16・・・小さかった事は覚えてます)

レースでの成績を残すことはできなかったマシンですが、エビ殻モノコック変わった作りです。
カウルにボルト止めしている感じが露骨に見て取れます。
ブレーキディスクも切り込みが入っていて、今とは構造考え方が違うのだな~
スターコムスターホイールカッコよすぎます。

レーサーズ Vol.54はそんなNRの始まりの歴史を知る事が出来る個人的には激押しな一冊です。


▼レーサーズ Vol,55 『NR500 パート2』

電熱グローブ★RSタイチ eHEAT★入荷しました!

ナップス練馬店のヤマGUCCIです。

『冬の防寒装備』 電熱グローブ入荷しました。
RSタイチ eHEAT グローブ
P9212606.JPG

電気の力で発熱しますので寒くないのはもちろん!
プッシュボタン式なので操作もしやすいです。
バイク専用ですのでプロテクションもしっかりして安全です。

選べる給電方法



1: 専用モバイルバッテリーから給電

充電器・バッテリーセット(RSP042/¥11,000(税別)
  rsp0449999.jpg
リチウムバッテリーで駆動しますので、乗り降りの時にコードを気にする必要が無いです。容量に限りがありますので、使用する時間によってスペアバッテリーを持っておく事をオススメします。

●バッテリー残量インジケーター搭載
●リチウムイオンバッテリー(7.2V 2,500mAh)
●バッテリーと充電器のセット
●スペアバッテリー(RSP044/¥4,200(税別)1個 もあります。




2: 車体から給電

12V 車両接続 ケーブルセット(RSP041/¥5,000(税別)
rsp041_1.jpg
●リチウムイオンバッテリーに比べて高出力を得る事が可能なので『ターボモード使用可能』です。
●バッテリー切れの心配をすることなく『グローブとジャケット/ベスト』を同時に使用可能

車種によって発電容量や、他の電気機器への影響などにより使用できない場合があるとメーカーでもうたってます。
シーズン前にバッテリーのチェックと交換もご検討ください。



お好みのeHEAT グローブを選んだら、どちらのかの給電方法かお選びいただくのですが。
実は・・・メーカーの在庫状況ですが早期完売しているモデルもあるようです!!
ご検討中の方はお早目にどうぞ~。

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

ナップス練馬店 お店へのアクセス お問い合わせフォーム TEL:03-5905-1171